詳しいご説明

治療の適応について

ワキガ(腋臭症)

人種差、風土、食生活などの影響で、日本人はワキの臭いが軽いです。また、他人のワキの臭いに敏感です。
ワキガはコミュニケーションの障害になります。当院では、診察時にワキの汗をガーゼに拭き取って臭いを調べ、臭いのレベルを次の5段階に分けています。レベル3以上を手術治療の適応にしています。

・レベル1  ガーゼが臭わない。ご本人だけが気にしている。
・レベル2  ガーゼが少し臭う。日常生活への支障なし。
・レベル3  ガーゼが強く臭う。日常生活への支障あり。
・レベル4   コートや上着を脱いで薄着になると臭う。
・レベル5  着衣のままで臭う。

臭いを気にされる程度は人それぞれです。手術治療は「治療のために、人様の体にメスを入れる」ことです。効果が最大で傷などの副作用が最小になるようにベストを尽くしています。しかし、傷は傷です。消えません。臭いが軽度になり生活の質が向上するプラス面と傷などのマイナス面を考えて超音波吸引法の治療適応を決めています。

多汗症(ワキ)
多汗症(ワキ)

ボトックス制汗注射法が基本です。重症の方には超音波吸引法を行います。重症の方とは、診察時に上着まで汗が染み出ていて、日常生活に支障がある方です。右の図のように超音波吸引法の施術範囲はワキ毛の範囲です。重症の方には超音波吸引法でワキ毛の範囲の制汗根治術を行います。さらに広範囲の治療をご希望の場合は、ボトックス制汗注射法を追加します。一般的に、多汗症はワキ毛の範囲よりもっと広範囲の治療が必要です。ボトックス制汗注射法は広範囲に胸の横まで治療可能です。しかも、傷が残りません。当院では、軽度でも多汗症を気にされる方にはこの方法で治療しています。
超音波吸引法は生活の質が向上するプラス面と傷などのマイナス面を考えての治療適応を決めています。

ページのトップへ

治療法のより詳しい説明

超音波吸引法

ワキガ・多汗症(ワキ) 治療のポイントは、
・確実に臭い・汗が減少。
・傷が小さくて綺麗。
・ダウンタイムが小さい。
・通院治療。             などです。
切除法、剥離法、フェザー法、吸引法など色々な方法があります。
当院は以上の治療ポイントから、超音波吸引法がベストと考えて行っています。

※汗の量が完全にゼロになるわけではありません。今までより少なくなり、汗による日常生活への支障がほぼ無くなります。

超音波吸引法の特徴

・超音波吸引機の振動力で、アポクリン腺、エクリン腺を破壊します。しかも、皮膚にはダメージをあたえません。
・キズは約3~4cmで、しかも、ワキのシワの中に入れます。目立ちません。
・出血は軽度です。施術当日、軽く圧迫するだけです。翌日から小さな傷バンを貼るだけです。
・2日目より、シャワーもOK。ダウンタイムが小さいです。
・皮膚が茶色くなったり、薄くなったりしません。軽い色素沈着が残る場合は、色素沈着治療を行ないます。
・施術後のマッサージで柔らかくなります。
・ワキ毛は少し減ります。
・皮膚の薄い方は、部分的に小さな穴があくことがあります。軟膏を塗ると自然に治ります。もし、治りが悪い場合は修整します。

切除法などの方法と比べて利点が多いです。しかし、超音波吸引法の施術範囲はワキ毛の範囲です。この方法を広範囲に施術すると、術後瘢痕による腕の運動制限など重篤な副作用が出てしまいます。

超音波吸引法施術後のワキガ・多汗症(ワキ)の再発について

アポクリン腺やエクリン腺などは再生力が強いです。ほんの僅か残っていても再生します。再発しても日常生活で気にならない程度です。 もし、気になる場合はキズや皮膚が回復する6ヶ月後に再度施術します。再発する割合は切除法も超音波吸引法も同じで約10%です。

ボトックス制汗注射法

汗を出させるのは、筋上皮と言う小さな筋肉です。ボトックスはこの小さな筋肉を痺れさせて、働かなくさせ発汗を抑えます。特別な副作用はありません。 施術後は自然に汗の量が減ります。効果の持続は1年弱です。

ボトックス制汗注射法施術の実際

・麻酔クリームでワキを痺れさせます。
・ワキの発汗部位に極小の針で細かくボトックスを注射します。痛くありません。チクリとする程度です。施術は院長が行います。
・24時間はワキを揉まないようにして下さい。入浴、運動などの制限はありません。
・自然に汗の量が減ります。
・特別な副作用はありません。
・まれに制汗効果の低い方がおられます。2週間後に効果判定をします。もし、効果が低い場合は追加します。
※汗の量が完全にゼロになるわけではありません。今までより少なくなり、汗による日常生活への支障がほぼ無くなります。
※汗が気になる春から夏にかけてボトックス制汗注射法をお受け下さい。

ページのトップへ